• カレンダー

    2014年12月
         
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • メタ情報

居住用物件を活用した資産運用

土地や建物など、所在地から動かすことが困難な資産を総称して不動産と言います。
その中には工場やオフィスビルなど事業用の物件から、マンションやアパートなど居住用の物件まで様々な種類が含まれます。

また、それらの物件は所有者自らが利用する場合と、第三者に貸し付けて家賃収入を得ることを目的としたものにも分けられます。
賃貸マンションや賃貸アパートを活用した資産運用は他の投資方法よりも利回りが高く、資産家からも人気の手法となっています。

さて、需要の高い賃貸不動産を活用した資産運用ですが、高利回りの背景には当然リスクも内在しており、十分な注意が必要なのも事実です。
例えば、最大のリスクと言っても過言ではないのが空室の発生による利回りの低下です。

賃貸物件という性質を考慮すれば、退去者が発生し、空室が結果的に生じるのはやむ得ない話かもしれません。
しかしやはり、長期にわたって空室状態が続くと利回りは大きく低下してしまいます。
このような事態を未然に防止するには、物件選びが重要です。
例えば駅近くで通勤や通学に便利なエリアであれば、空室が発生しても速やかに解消される場合が多くなります。

なお、最近では物件そのものに魅力を持たせるため、マンスリーマンションやシェアハウスと言った新たな賃貸物件も登場しつつあるところです。

Comments are closed.